テーマ:コラム

大切なのは持続可能なエネルギー社会システムに気付くこと!

 このblogの大きなテーマの一つがエネルギー問題です。 日本は残念ながら化石燃料資源には恵まれていません。 そのために外国から石油・天然ガス・石炭等を輸入し続けなければ現在の生活水準を維持することが出来ないと考えられています。 僕自身の考え方は、過去記事にも書かせて頂きましたが、  ・日本はエネルギー問題が解決すれば、全ての問題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も靖国に行って来ました。

 また、今年も8月15日、千鳥ヶ淵の戦没者慰霊碑と靖国神社に参拝して来ました。 熱い一日でしたが、先の大戦で無くなられた方の慰霊と「日本と世界の平和」を祈って来ました。  もう戦後63年が経って戦争体験者も少なくなってきていると思いますが、多くの先達の方々の努力のおかげで今日に日本があるわけですから、跡を接ぐものが歴史についてしっかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【日本の未来】 言霊の幸ふ国

 【日本の未来】 と題して一連のコラムを書かせて頂いている。 企画してみて改めて自分は日本のことを何も知らないと思い知らされたしだいです。  最近の言葉の乱れは残念なことですが、これは若い方が、正しい日本語の環境ので育っていないからだといえます。  原因はテレビの影響が大きいと思います。  新聞のテレビ欄を見てみてもこれでもかと刺…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

コズミック・ダイアリー : 自分の中の自然時間を取り戻すために!

 現代人は、都会生活と西洋暦で昔の日本人が持っていた自然観を失ってしまっているのではないか?  そんな思いの中で、友人から紹介されたのが「コズミック・ダイアリー」(マヤ暦のカレンダー) コズミック・ダイアリー 2009 (2009)環境意識コミュニケーション研究所 柳瀬 宏秀 ユーザレビュー:自分の中の自然時間を ...Am…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【日本の未来】 「虫の声」から知る日本語の価値

 【日本の未来】 と題して一連のコラムを書かせて頂いている。 未来といいながら、何のことはない日本の過去、日本人が失いかけている古くからの日本の文化・風習について書いている。 過去の文化・自然観を知ることが日本の未来、危機に瀕している地球環境を回復させてオルタナティブ(持続可能)な世界に変えていく原動力になると考えているからです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【日本の未来】 「神宮の森」にみる永遠の森作り

 【日本の未来】と題して、日本古来からの文化、日本人の生き方を思索しながら記事を書いていますが、数日前、ある方から教わって明治神宮の森を散策して来ました。 この森には森と共に生きる日本人の英知が生かされています。 引用した記事は、都心に作られた150年構想の森 明治神宮の森からです。  明治神宮 -----(引用開始)----…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

【日本の未来】 ”旬”を忘れた日本人

 数日前、【日本の未来】 季節を忘れた日本人の記事を書かせて頂いた。 この「季節」という言葉を「旬」という言葉に置き換えて表現することも可能だと思う。 世の中、健康ブームですが、それに悪乗りして「あるある」でしたっけ、企業とタイアップして情報操作・捏造の健康情報等を番組で流してそれがバレテ社会問題化したことがあった様に記憶している。  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【日本の未来】 季節を忘れた日本人

 このBLOGのサブタイトルに「そして日本の未来を語りたい」などと大それたのを付けながら、現実には何も語れないで今日まで来てしまった。  日々、多くの問題が発生してそれに追われてしまっていてそれで終わってきてしまった。 本当は、日本の未来、次の世代に何を残していくべきかを語りたかったのだが....、  数日前、ある方とお話しいて…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

地球温暖化問題に対する疑問 !?

CO2増加が原因とされる地球温暖化問題ですが、僕自身色々調べてみて疑念は深まるばかり、 そんな思い出でこの記事を書きました。 この問題を提唱して「不都合なる真実」の著者であるアル・ゴア氏とIPCC(Intergovernmental Panel on Climate Change:気候変動に関する政府間パネル)がノーベル平和賞を…
トラックバック:16
コメント:11

続きを読むread more

【宗教】 「福千年」は来なかった。 (4)

 前回、書かせて頂いた「【宗教】 「福千年」は来なかった。(3)」の続きです。  論旨のベースになるのは同じく下記の著書です。 ===================================================================================  本:「ゾロアスター教―三五〇〇年…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ギョーザによる食中毒問題」から日本の食糧安全保障について考えてみる!

 一連の支那からの冷凍食品による食中毒問題も一段落しつつあるようですが...、  僕自身も、関連記事を3本ほど(下記に示す)書かせて頂いた。 お暇があった読んでいただければと思います。  *「ギョーザによる食中毒問題」を冷静に見てみる!  *「ギョーザによる食中毒問題」を冷静に見てみる!  続報  *支那の食の現実 …
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

【宗教】 「福千年」は来なかった。 (3)

 前回、書かせて頂いた「【宗教】 「福千年」は来なかった。(2)」の続きです。  論旨のベースになるのは同じく下記の著書です。 ===================================================================================  本:「ゾロアスター教―三五〇〇年…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

【宗教】 「福千年」は来なかった。 (2)

 前回、書かせて頂いた「【宗教】 「福千年」は来なかった。(1)」の続きです。  論旨のベースになるのは同じく下記の著書です。 ===================================================================================  本:「ゾロアスター教―三五〇〇年…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【宗教】 「福千年」は来なかった。 (1)

 僕は、国際情勢・政治を理解する上で[宗教]という要素は欠かせないものだと考えます。  世界の3大宗教は、  1.キリスト教 (対比して ユダヤ教)  2.イスラム教  3.仏教     (インズー教(インド)から見れば仏教・釈迦はヒンズー教の覚者の一人という考え方も     あるようですが、)  特にキリスト教は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「エンデの遺言」から学ぶ

 昨年末、「改めて「お金」という権力について考えてみる。」と「もう少し「お金」について考えてみる。 」でお金について権力的な側面から自分なりの考えを纏めさせて頂いたが、正月休みに「エンデの遺言」を読む機会があり改めて「お金」現在の金融システムが抱える矛盾について思いを新たにすることが出来た。  エンデ曰く   「どう考えてもおかしい…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

この国の政府は国民のための政治を行っていない!

 このブログを2007年9月に開設以来、この国の現状・未来の可能性について自分なりに考えてきたが、つくづく思うのは、「この国の政府が国民の為の国民が豊かに安心して暮らせる社会にするために政治を行っているのではない!」と言うことです。 福田政権が出来た時の公約が「インド洋の無料ガソリンスタンドの継続」とは、以前「「テロ対策特別措置法に関し…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

2008年によせて

 年末年始は、田舎に帰ってゆっくりしてきました。 初詣は伊勢神宮[皇大神宮(内宮)・豊受大神宮(外宮)]に行って来ました。 沢山の方が来られていました。 神宮の神域の清々しい気の状態もとても好きです。 神宮美術館や徴古館も時間があったら行かれたら良いと思います。  平成17年から平成25年の第62回式年遷宮に向けての諸祭・行事が進行中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然界から自然の法則について考えてみる。

 現代人にとって自然は身近なものと感じることは難しいことですが、人間も地球上に生きる生物(動物)の一種であることも違いありません。 したがって、人間といえども地球の自然の法則から逃れることは出来ないと思うのです。  僕自身は、適者生存というダーウインの進化論は支持できないと考えています。  「人間は猿サルから進化した。」 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

もう少し「お金」について考えてみる。

 先日、「改めて「お金」という権力について考えてみる。」というコラムで「お金」について書かせて頂きましたが、もう少し自分なりの考えを述べてみたいと思います。  「お金持ち」と言う言葉があります。 お金を沢山持っていることが豊かな人だという思想がこの言葉に込められていると思います。 でも、お金に対するスキル(能力)として必要なものは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

改めて「お金」という権力について考えてみる。

 以前、【コラム】 お金という権力について考えてみる。で一度書かせて頂きましたが、改めて「お金」という権力について考えてたいと思います。  「その国で一番大きい資金力と軍事力とそれから人事権を握るものを権力という」   (「属国日本論をこえて」副島隆彦著 より引用)  著者の副島隆彦さんは前著「属国日本論」で日本がアメリカ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

僕なりに2007年を総括してみる。

 しばらくパソコンが壊れてしまって修理に出していた関係でブログ更新が出来なかったのですが、9月から始めたブログもお陰さまで総アクセスが6,000を越えました。 多くの方にお越しいただいて有難うございます。 ただ、トラックバックがスパム系が多いのには閉口しました.....、  僕なりに2007年を総括してみると年の言葉に「偽」が選ばれた…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

皇居一般参賀に行って来ました。

 昨日12月23日の天皇誕生日の皇居一般参賀に行ってきました。  生憎の空模様でしたが皇居に10時半ごろついて皇居内へ雨も酷くならなくて11時5分ごろ陛下皇族方がお出ましになり無事に終了。 初めてのことで例年どれくらいの人手なのか分かりませんがそれほど込んでいませんでした。 終わってからゆっくり皇居東御苑内をゆっくり散策してきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僕の中のインテリジェンス

 最近、インテリジェンスが話題となり関連本も出版されていますが、僕はインテリジェンスを知力と考えます。 僕の思うインテリジェンスについて述べてみたいと思います。 -------------------------------------------------------------------------------------…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【コラム】 僕の国際情勢の捉え方

 少し、僕の国際情勢の捉え方についてお話させて頂きます。  本当のことが知りたいと思いここ数年、本を読んだりネットで調べたりしていくと。 いろいろ分かってきます。 佐藤 優氏が本「アメリカの日本改造計画―マスコミが書けない「日米論」」の中で、インテリジェンスにおいて既存のマスコミ等の情報からでも全体の95%は分かるといってましたがまさ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

【コラム】 創価学会について考えてみる。

 下記のブログの記事が気になったので創価学会について僕なりに考えを纏めてみました。 まずは、BLOG:博士の独り言 より ---------------------------------------------------------------------------------------- 創価「民主は仏敵」か …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【コラム】 逆著作権てないのだろうか?

 著作権、良く聴く言葉だが、権利だけが一人歩きしている様でならない。  例えば、『ハリー・ポッター』シリーズのように著者J・K・ローリングが新しいものを創造して、そればベストセラーになって著者に印税が入って、買った読者も作品を楽しんで両方ハッピーに慣れる。 ウィンーウィンの関係....、 全然OKです。  でも、昨今の日本のマス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【コラム】 お金という権力について考えてみる。

 このところ、利権がらみ政治とお金の話が、新聞等の紙面を賑わせているが、[[[権力=お金]]]と考えた時に、このことを自分なりに纏めてみた。  [[[ 権力 = お金 ]]] と考えた時に、お金がませば増すほど、力を増す。 そのお金は、全て自分のもので無くとも良い。 大きなお金の流れを差配できる地位に着くことができたならそれを自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【コラム】 競争社会という幻想!

 グローバル化(実質アメリカ化としか思えないが、)日本の社会がアメリカ型の競争社会に変わりつつあるというより、変えられつつある。  アメリカの言う「自由」の中には競争という概念が含まれていると、本:「拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる」(関岡 英之氏著)で知った。  確かに、僕が知る限りアメリカ人は「一番」、「ナンバーワン…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

【日本】 「桜」に観る日本の心

 「どうしちゃったんだろう日本?」、最近そう思わされることが多い。  日本人が本来持っている良さ・文化・伝統等を忘れてしまっているのではないだろうか...、そんな中、数日前ある方から「桜」についてのお話をお聞きする機会があった。  「日本を象徴する花といえば桜ですが、なぜ日本人は桜がすきなのか? 花が美しいのはあたりまえ、桜の美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「【コラム】 戦争って公共事業!?」について

 数日前、「「【コラム】 戦争って公共事業!?」と題してコラムを書かせて頂いたが、ネット検索で気になる記事を見つけたのでリンクしておきます。 全て「オルタナティブ通信」からの引用です。 各記事の内容に関しては、僕の知識では真偽のほどは判断できなくて各読者にご判断頂くしかないですが....、 ---------------…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more