本当のことが知りたい! そして日本の未来を語りたい

アクセスカウンタ

zoom RSS 【書評】 金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った

<<   作成日時 : 2008/09/20 22:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

 反ロスチャイルド同盟の主催者:阿部芳裕氏の著書、氏は地域通貨の実践者でもある。


金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った (5次元文庫 あ 3-1)
徳間書店
安部 芳裕

ユーザレビュー:
地域通貨の運動家が分 ...
教科書にだまされてい ...
常識として知っておく ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



=================================================================================================
 「お金」とその金融システムとは何なのか? 普段何気なく使っている「お金」だがその歴史と隠されたというか本質的な問題点が、簡潔に良く纏められています。  なぜ利息が付くのか? 銀行からお金を預金したり借りるときだけ利息が付くと考えがちだが、社会活動に全てにこの利息が絡んでくる利息とは未来を先取りするもの経済の規模が拡大し続けない限り利息を払い続けることは不可能となる。 経済規模が一定なら椅子取りゲームとなり勝者と敗者に別れざる終えないこと等が簡潔に説明されている。  経済規模か拡大するのはある意味実態の伴わない「お金」だからバーチャル的には可能だとしても地球の環境資源も有限のもの、そのことと根本的に現在の「お金」のシステムが矛盾していることを理解させてくれる。  ではそのお金・現在の金融システムはどのようにして作られていったのか?  その歴史とその背景、それを推し進めてきた集団というかその思想背景等に多くが割かれている。
現在のお金中心の資本主義では無限成長など無理、そこでスクラップアンドビルドとしての戦争が計画的に組み込まれて施行されてきた可能性が高いこと等。 景気の循環、バブルのその崩壊も資本・富の独占のための手段として活用されてきた可能性が高いこと等。 そうして見て行くと、現在のサブプライム問題に端を発したアメリカ経済の崩壊も計画的である可能性が出てくる.....、その先は、不況を打開するための戦争に突き進む可能性が出てくる。 ではどうすれば良いのか、食料・資源の点からの解決策の提案等が簡潔に纏められています。

=================================================================================================


★人気ブログランキング★に参加しています。
画像 ← 参考になりましたらクリックをお願いいたします。


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
携帯ランキングサイト
...続きを見る
携帯サイト作成所
2008/09/20 22:52
速報!パキスタン・マリオット爆破テロで40名死亡
   ||| イスラマバード・マリオット爆破テロ ||| パキスタンのイスラマバード・マリオットホテル爆破テロで40名死亡 ...続きを見る
米流時評
2008/09/21 14:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【書評】 金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った  本当のことが知りたい! そして日本の未来を語りたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる