資源エネルギー : 海に浮かぶ「太陽電池+風車」

 以前、紹介させて頂いた記事「【日本】 代替エネルギ-:「洋上風力発電構想」」の続報が読売NETに掲載されていたので転載しておきます。


-----(引用開始)-------------------------------------------------------------------
海に浮かぶ「太陽電池+風車」、九大チームがエコ発電所

海上発電所では、母浮体の上には風車が並び、ネット上には多数の小さな太陽電池を張った子浮体が並ぶ(太田・九大名誉教授提供の資料より) 太陽電池と風車を組み合わせた長さ約2キロ、幅約800メートルの巨大な発電装置を海に浮かべ、低コストで大きな電力を得る「新型エコ発電所」の開発を太田俊昭・九州大名誉教授らのチームが進めている。

 強い風や波にあらがわずに受け流す新しい浮体(ふたい)を採用したのが特徴で、発電所真下には、漁業と二酸化炭素吸収の両方に役立つ藻場も形成する。

 7月から国の関連機関で浮体の性能評価を始めており、太田名誉教授は「3年後にも実用化可能」としている。

 発電所は、太陽電池(6平方メートル)付きの「子浮体ユニット」と風車を載せた「コンクリート母浮体」とからなる。子浮体は、約20万台を水に浮く巨大ネットの上に1メートル間隔で並べる。両脇には、固定用の母浮体がつながれるが、母浮体は、波に強いよう中抜き六角形をしている。

 システムの発電能力は約30万キロ・ワット、三つで原子力発電所1基分になる。建設コストは1キロ・ワットあたり7~14万円で、一般的な原子力発電所の同約20万円より安く、運転コストも修理や人件費のみ。

 ネットの下には藻を繁茂させ、植物プランクトンの生育に適した光を出す発光ダイオードで海中を照らす。塩の結晶で太陽電池の効率が低下するのを防ぐため、夜間に風車の電気で栄養価の高い深層水をくみ上げて散水し、表面の清掃と藻場への栄養補給を同時に行う。

 母浮体には、太田名誉教授が開発した軽量で鉄筋の10倍強く腐食しにくい新素材が入ったコンクリートを使用する。今夏、国土交通省の外郭団体「沿岸技術研究センター」が母浮体の性能評価を開始、模型での実験も計画中だ。

 太田名誉教授は「ダム湖でも使用できる。水を電気分解し二酸化炭素を出さない燃料の水素の製造もできる」と意気込む。


-----(引用終り)--------------------------------------------------------------------

[コメント]
 日本は海洋大国ですので海上を上手く利用できれば無限の可能性があります。 この技術も上手くいって欲しいものです。


★人気ブログランキング★に参加しています。
画像 ← 参考になりましたらクリックをお願いいたします。