地球温暖化問題の裏を読む!

 僕自身は地球温暖化の問題は、恣意的な情報操作がりかなりあり懐疑的というか捏造ではないかと思いっている。 その思いがあって、以前「地球温暖化問題に対する疑問 !? 」の記事をネットで調べた情報を基に書かせて頂いた。 マイナーなこのblogにしてはかなりのアクセスを頂いた記事となったが、先日、田中 宇さんの国際ニュースでもこの問題に関する記事が載ったので一部抜粋して転載しておきます。


-----(引用開始)-------------------------------------------------------------------
地球温暖化問題の裏側
2008年4月22日  田中 宇

 日本では最近、政府が国民に地球温暖化対策の実施をさかんに呼びかけている。役所やマスコミは、二酸化炭素などの温室効果ガスをなるべく出さない生活を心がけましょうという宣伝を繰り返している。企業活動や生活の中で人間が排出する二酸化炭素が温室効果を激化させ、地球の温度を過剰に上昇させてしまうという、国連の専門家機関(IPCC)で主張される地球温暖化の理論(仮説)は、完全に「事実」として定着した観がある。

 しかし私が見るところ、世界の専門家の中には、温暖化対策が必要だとする政策の根拠になっている「地球温暖化は人類排出の二酸化炭素が主因」という考え方に対し「間違いだ」と思っている人がかなりいる。「IPCCは、温暖化対策が必要だという結論を先に持ち、それに沿った議論だけを束ね、懐疑的な指摘や質問を拒否して、温暖化の報告書を作ってきた」という見方も強い。IPCCや、イギリスを主導役とする先進各国が、温暖化対策を世界に義務づけようと急ぐほど、専門家の中からの疑問視や反発が強くなっている。昨年あたりから、IPCCのやり方に反対する専門家らが集まる会合や組織も多くなってきた。

 -----

 地球温暖化問題でも、イギリスのBBCなどは一貫して「地球の温暖化は激化しつつある」「懐疑派の理論は間違っている」といった、極端な主張を含む報道を繰り返している。米英のマスコミは、IPCCと同様、実際の気候変動について分析することよりも、温暖化対策を支持する方向に世界の世論を持っていくことの方を重視し、懐疑的な学者たちの見方をほとんど紹介しない(日本の報道は米英の翻訳なので、同じ傾向を持つ)。

 ------

 地球温暖化問題をめぐるここ数年の流れは、このイラクの大量破壊兵器をめぐる世論操作と、やり方が似ている。この類似性から、イラク戦争前からマスコミウォッチを続けている米英の反戦運動家の中には、地球温暖化問題を胡散臭いと思っている人がけっこういる。

 ------

太陽活動説の方が説得性がある

 すでに書いたように、マスコミは温暖化人為説だけを強調し、人為説への懐疑を表明する専門家の意見が報じられることは少ない。しかし、懐疑派の主張を探して読んでいくと、なるほどと思うことが多い。

 ウィキペディア英語版に、温暖化に関するIPCCの結論(人為説)に反対している専門家(関連論文を発表したことがある人)がどのような主張をしているか、発言元の論文などをたどれるものを並べたページがある。そもそも地球が現在温暖化しているとは思えないと言う人から、温暖化の主因は人為ではなく自然由来のものだと言う人、温暖化は寒冷地の気候が和らぐので良い、二酸化炭素の増加は植物を増やすので良いと言う人まで、約50人の主張が並んでいる。

 私なりに分析すると、この専門家たちの多くに共通している見方は「地球の気候は大昔から何度も大きく変動してきた。多くの人がいろいろ調べてきたが、変動の理由は確定できず、まだわからない部分が大きい。あえて言うなら、人類排出の二酸化炭素による温室効果より、太陽活動の変化など自然由来の原因の方が大きそうだ。IPCCは、人類排出の二酸化炭素が主因だと断定しているが、これは間違った結論だ」というものである。

 温暖化の悪影響としてマスコミなどで語られているものの中には、氷山の溶解による世界的海水面の上昇、北極南極での動物の減少など、極地に由来するものが多いが、このページで紹介された専門家の一人であるオタワ大学の北極専門家、イアン・クラーク教授は、北極圏の温暖化は太陽活動が主因だと書いている。(関連記事)

 ------

 温暖化の原因が人類排出の二酸化炭素だとしたら、世界の工業化が進んだ1950-70年代に温暖化が進まねばならないが、実際には、この時期は逆に寒冷化している。このようなジグザグは二酸化炭素ではなく、太陽活動で説明した方が辻褄が合う。

 ------

海水温は下がっていた

 IPCCは、膨大な量の報告書を発表しており、そこでは気候変動に関するいろいろな仮説や主張が列挙され、それらを踏まえたうえで、最終結論である人為二酸化炭素説が出されたという形を取っている。太陽活動説など、他の説が主張されても「その件はすでに検討され、大して重要ではないという結論が出てまいす」「その要件は、すでにわれわれのコンピューターモデルの中に組み込まれており、それを包含した上で、今の結論になりました」と言い返して終われるメカニズムが作られている。

 しかし反論の中には「説」ではなく「データ」もある。たとえば、米NASAなどが参加して、世界で3千個の海中探査装置を2000メートルの海中に沈ませ、10日に一回浮上させて海中の水温や塩分濃度、潮流などを調べる国際的な海洋温度探査事業アルゴ・モニターが2003年から始まっている。最近、過去5年間のデータが発表され、この5年間、世界の海水温度の平均値は、少し下がる傾向にあったことが明らかになった。(関連記事)

 ------

▼世界は昨年から寒冷化している?

 昨年から今年にかけての冬は、地上の気温の方も世界的に低下している。アメリカの気候データセンターによると、今年1月から2月にかけて、全米の多くの地域で、史上最も寒い温度が記録された。イラクの砂漠では100年ぶりの雪が降り、サウジアラビアでも20年ぶりの大雪となった。中国では大寒波で交通が何日も麻痺し、中央アジア諸国では凍死者が大勢出た。昨年の気温の下降は、過去100年間の気温上昇傾向を逆行させるものだという指摘もある。

 同時に、昨年から太陽活動が縮小期に入っており、寒冷化はそのために起きていると主張する学者がロシアやカナダで出てきた。先に、1925年から45年まで急速に温暖化、45年から77年まで寒冷化、77年から現在までは再び温暖化しているとする指摘を紹介したが、それを加味すると、77年から2006年まで温暖化し、07年から再び寒冷化が始まったのではないかと考えることもできる。再び小氷河期が来るという「地球寒冷化」を予測する学者も現れた。

 --------

▼IPCC支持派だけでなく反対派も市民運動化

 最近、アル・ゴア前副大統領が作った映画「不都合な真実」など、地球温暖化について誇張しすぎる案件が目立つようになった。その結果、IPCCのやり方など、地球温暖化問題をめぐるあり方に疑問を持つ人々が、世界的に多くなっている。温暖化対策に反対したり、ゴアを敵視するキャンペーンも行われている。

 アメリカでは、たとえば、シアトルで珍しく4月に雪が降り、これについて地元のメディアが「この寒さは短期的な例外であり、地球温暖化の傾向は変わらない」と説明するIPCC的な記事を出したところ、その記事の下の掲示板に「地球温暖化はウソだ。地球は温暖化してない」「いや、地球は温暖化している。君は間違っている」という感じの議論が延々と展開されている。

 こうした激論は、以前には見られなかったことだ。私が1997年に最初に温暖化懐疑論を書いたころには「田中さんは、石油業界から金をもらっている一部の研究者の歪曲分析を真に受けてしまっていますよ」と、左翼の人からやんわり注意される程度だった。2005-07年に書いたときには、IPCC支持派が血気盛んに「市民運動化」しており、中傷的・攻撃的に批判を受けた。

 しかし今、シアトルの新聞記事の掲示板に象徴される状況は、IPCC支持派だけでなく、反対派も市民運動化し、互いに敵対し、攻撃し合っている。この1-2年で、IPCCを批判的に見る人が増加したことになる。
-----(引用終り)--------------------------------------------------------------------

[コメント]
 昨年のゴア氏の「不都合な真実」に始まり一連のキャンペーンとIPCCのノーベル平和賞受賞等には、とても違和感を感じていた。 自己の主張に都合の良いことばかり集めての恣意的な情報操作をされているように思えてならない。 CO2の排出が本当に問題なのなら、最大の排出国であるアメリカと支那のことがもっと問題にされるべきなのに、主題が派出権取引などの金融ビジネスや原子力推進にしっかり摺り返られている。
 これでは、金儲けの口実に温暖化問題が捏造されているとしか言いようがない。
 温暖化よりも環境破壊等の問題の方が人類にとっては深刻なのではないだろうか?
 日本の場合、支那の環境破壊による大気汚染や黄砂の問題が深刻化しつつあるし、海洋汚染もしかり韓国の汚染物質の海洋投棄も止まっていない。
 マスコミで流される情報を鵜呑みにしないでもっと冷静に事実を検証する姿勢が臨まれるのだが.....、


★人気ブログランキング★に参加しています。
画像 ← 参考になりましたらクリックをお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

森田研究員:研究者はプライドを持て
2018年09月29日 15:11
はじめまして、研究者一年生の森田研究員です。個人的にはIPCCは環境利権やエコ利権、温暖化利権、研究費用に群がっている政治色の強い一種の利権団体に近い印象を受けます。利権や個人的な損得勘定抜きで純粋な研究をする研究者こそが真の研究者であると思います。お金や研究費用欲しさに真実を捻じ曲げるような厚顔無恥の研究者にだけはなりたくありません。

この記事へのトラックバック