本当のことが知りたい! そして日本の未来を語りたい

アクセスカウンタ

zoom RSS ヘパリン製剤、国内メーカーが自主回収に関して

<<   作成日時 : 2008/03/11 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

 日経ウェッブ版に下記の記事が載っていたが、実は数日前に宮崎正弘の国際ニュース・早読みにこの件の記事が掲載されていたので下の詳細を掲載しておきます。  下記のnikkei記事は、さらっと書かれてますが、下記の記事で「米国のメーカーと原料が共通」とありますが、この共通の原料とは支那製で、アメリカでは事態はより深刻のようです。 詳細は下に転載した宮崎さんの記事を見てください。

-----(引用開始)-------------------------------------------------------------------
ヘパリン製剤、国内メーカーが自主回収
 血液が固まるのを防ぐ作用があり、透析治療に不可欠なヘパリンナトリウム製剤について、厚生労働省は10日、米国内で副作用が疑われる報告が相次いだことから、予防的な措置として、国内メーカー3社が自主回収を始めたと発表した。国内ではこれまで関連する副作用報告はないが、米国のメーカーと原料が共通しており、専門家は「約27万人の透析患者への影響は避けられない」と指摘している。

 厚労省と国内メーカー3社、透析の専門医らが同日、記者会見した。

 厚労省によると、米食品医薬品局(FDA)が2月28日、昨年12月15日以降に米バクスター社製のヘパリン製剤を投与された448人がアレルギー反応を起こし、21人が死亡したと発表。バクスター社の同製剤は日本には輸入されていないが、同省は国内メーカーの販売状況などを調査していた。 (21:08)
-----(引用終り)--------------------------------------------------------------------

-----(引用開始)-------------------------------------------------------------------
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
平成20年(2008年)  3月7日(金曜日) 弐 
通巻第2116号  臨時増刊号
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

中国産原料のへプリン注射で46名が死亡している
  偽物混入の可能性大、米国で大騒ぎに発展
***************************************

毒入り餃子は幸いなことに日本では死者がでていない。
ところが。。

中国産原料を使用したへパリン薬を注射され、死亡する患者が米国で続出している。ヘパリンは抗凝固剤として使われ、原材料は豚の小腸。これを不衛生に扱かうと薬品の役目をなさないばかりか、副作用で低血圧などに陥る。ヘパリンを使用した注射は、人工透析や手術のあとで、血液が固まるのを防ぐ。
現在、世界市場にでまわるヘパリン薬品は大半が中国製である。

NYタイムズは3月1日に初めて事件を報道して以来、たびたびこの事件を報じているが、3月7日付けヘラルドトリビューン転載記事に依れば、全米で785件の被害報告があり(2月末現在)、死者は46人、このうち19名が明らかにバクスター社製品による副作用と判断されたという。
顕著な副作用として呼吸困難、悪心、嘔吐、発汗過多、血圧の急下降など。

 元凶のヘパリンは中国の家畜加工業者が豚の小腸から粗製品を作り、米企業が保有する常洲(上海近郊)のSPL工場で加工した後、バクスター社が輸入して最終製品にし、病院ルートで販売してきた。SPLとはSCEINTIFIC PROTEIN LAB<中国企業名は常洲凱普生物化学有限公司>の略)。SPL社は米国ウィスコンシン州に最終工場があり、バクスター社は、この米国企業から製品を購入してきた。

 FDAは、中国の工場に不衛生な点があったことや手続きミスでFDAが工場の検査をしなかった事実などを認めた。
このため米バクスター社は二月末から製品の自主回収を始めている。FDA(米食品医薬品局)も中国に調査官を派遣して原因の特定を急いでいる。

 日本の厚生労働省の医薬食品局は、日本にはバクスター社のヘパリン製品が輸入されていないと発表している。

ところが、3月5日にバクスター社の血液抗凝固剤から主成分のヘパリンに酷似した偽の成分が検出されたことをFDAが発表したため、事態は極めて深刻となった。
NYタイムズは3月7日付けで「当該薬品投与で、およそ20%が死亡に結びつくことがある」とセンセーショナルな見出しを付けている。

この事件、米国で執拗に尾を引くだろう。
-----(引用終り)--------------------------------------------------------------------


★人気ブログランキング★に参加しています。
画像 ← 参考になりましたらクリックをお願いいたします。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ヘパリン製剤の自主回収について
人工透析などの際に血液が固まるのを防ぐために使われる「ヘパリンナトリウム製剤」について、厚生労働省は10日、国内の製薬3社が17製品を自主回収すると発表した。 ...続きを見る
少しだけ素敵な妄想
2008/03/13 21:53
武藤敏郎氏が総裁になれば→事実上の自民・民主巨大連立の実現
今回の日銀総裁人事で、結果的に武藤敏郎氏が選出されれば、実質上の自民・民主翼賛体制が実現してしまう。と「神州の泉」http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2008/03/post_5839.htmlさんが警告している。 以下、『植草一秀氏が日銀総裁人事で緊急提言!!』というタイトルの記事を抜粋して引用させていただきます。(内容は、植草一秀氏の発信http://www.uekusa-tri.co.jp/column/2008/0307.htmlを基にした... ...続きを見る
遊撃手
2008/03/13 23:08
ヘパリン製剤問題に関連して医薬品の支那依存の現実
 昨日、「ヘパリン製剤、国内メーカーが自主回収に関して」の記事を書かせていただいたが、医薬品の支那依存の実態について福島香織さんのブログの記事を見つけたので一部転載させて頂きます。 ...続きを見る
本当のことが知りたい! そして日本の未来...
2008/04/19 10:33
ヘパリン製剤問題の続報です。
  以前、ヘパリン製剤、国内メーカーが自主回収に関して 及び ヘパリン製剤問題に関連して医薬品の支那依存の現実 の2本の記事を書かせて頂いたが、日本国内では大きな問題になっていないが、アメリカでは死者も出て大きな問題となっているようです。 この問題のその後の情報が 大紀元 に掲載されていたので転載しておきます。 ...続きを見る
本当のことが知りたい! そして日本の未来...
2008/04/20 11:14
ヘパリン製剤問題 : 日本にも問題になった原料が入っていた!
  以前この問題で以下の記事を書かせて頂きました。  1.ヘパリン製剤、国内メーカーが自主回収に関して  2.ヘパリン製剤問題に関連して医薬品の支那依存の現実  3.ヘパリン製剤問題の続報です。 ...続きを見る
本当のことが知りたい! そして日本の未来...
2008/04/24 22:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヘパリン製剤、国内メーカーが自主回収に関して 本当のことが知りたい! そして日本の未来を語りたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる