本当のことが知りたい! そして日本の未来を語りたい

アクセスカウンタ

zoom RSS 地球温暖化問題に対する疑問 !?

<<   作成日時 : 2008/02/16 01:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 35 / トラックバック 16 / コメント 11

CO2増加が原因とされる地球温暖化問題ですが、僕自身色々調べてみて疑念は深まるばかり、
そんな思い出でこの記事を書きました。

この問題を提唱して「不都合なる真実」の著者であるアル・ゴア氏とIPCC(Intergovernmental Panel on Climate Change:気候変動に関する政府間パネル)がノーベル平和賞を受賞しましたが、地球上でもっともCO2排出量が多い国の人間が受賞するなんて皮肉としか言いようがない。 彼は、この問題に関する京都議定書に関するアメリカ政府の当事者でもあったのです。 アメリカ政府は議定書への調印を拒否しました。

僕自身は「不都合な真実」に関しては映画も観たし、著書も読んでみた。 確かに良く纏まっているし、「観るものを如何に説得するのか」上手く工夫させている...、が少し調べてみるとおかしい気がする。 僕自身の反証のべースになるのはHP:環境問題』を考えるです。 時間があれば見ていただければと思います。
まず同HPの「生きている地球〜 環境問題を見る視点 〜近 藤 邦 明」 よりの引用です。

下記の図を見て下さい。

-----(引用開始)-------------------------------------------------------------------

画像

                 図1 定常系としての地球

画像

地球熱機関の熱収支(槌田敦著『熱学外論』(朝倉書店)p.127図7.2に基づく)

-----(引用終り)--------------------------------------------------------------------

[問題点.1] まず考えて欲しいのは、地球環境は地球単独で成り立っているのではなく太陽からのエネルギー供給で成り立っている。 「不都合な真実」にはそっくり太陽からの影響のデータが抜け落ちている! 人間の社会活動による気候変動に影響を見てみるためには、太陽からのデータを除いてみる必要があると思う。 太陽の活動が活発になれば、その分地球の大気にも影響がでてくるはずだと思う。
 僕は、人間が束になっても太陽に勝てるとは思えません。

次に、同HP:CO2地球温暖化脅威説を考えるより一部引用します。

-----(引用開始)-------------------------------------------------------------------
画像

             南極氷床アイスコア分析(東北大学ホームページより)
-----(引用終り)--------------------------------------------------------------------

[問題点.2] 確かに、「不都合な真実」で示されているCO2濃度のデータは近年急激に上昇している。 しかし、上記のグラフが示す如く、「不都合な真実」で示されている年代を人類の活動期間を超えて幅広く取って見ると、過去にCO2濃度が上昇した期間は何回もあったということです。

 同HPによると

-----(引用開始)-------------------------------------------------------------------
現在は、500万年ほど前に始まる地球史上5番目の氷河期の只中にある。南極のアイスコアの分析結果などから、ここ数十万年間の大局的な気候変動は、ミランコビッチサイクルと呼ばれる地球の太陽を巡る軌道要素の変動や太陽活動の消長(例えばマウンダー極小期)によって引き起こされていると考えられる。
 現在に続く人間の文明は、1万年ほど継続しているミランコビッチサイクルによってもたらされた氷河期の中では例外的に温暖な時期である「間氷期」における農耕の繁栄によってもたらされている。しかし、そろそろ本来の氷河期に回帰する時期にさしかかっているというのが現在の地球史的な位置である。

-----(引用終り)--------------------------------------------------------------------

 地球の気候は温暖化よりも現在の温暖な「間氷期」からそろそろ本来の氷河期に回帰する可能性が強いこと。

また、別の箇所からの引用によると

-----(引用開始)-------------------------------------------------------------------
2-2 大気中二酸化炭素濃度の上昇が気温上昇の主要な「原因」なのか

 二酸化炭素が太陽放射に対してほとんど透明であり、地球放射の波長15μm付近の限定された帯域の赤外線を吸収することが二酸化炭素の温室効果の実体である。
 まず二酸化炭素地球温暖化説において、研究者の意図とは異なるにしても、一般的には大気の温室効果の大部分が二酸化炭素によるという誤った情報がマスコミの偏向したフィルターを通してアナウンスされている点は、早急に訂正すべきであろう。
 実質的には大気の温室効果の大部分は水蒸気の温室効果であり、平均的に見て全大気の温室効果の1割程度に過ぎない二酸化炭素の温室効果が気温変動の主要な原因とは考えにくい。
 しかも、大気は平均的に見て既に現状で地球放射の9割以上を吸収しており、今後いかに温室効果を持つ気体の濃度が増えたところで、地球放射の捕捉に「有効に働く温室効果」はほとんど変化しないのではないか。変化があるとすれば、主要な温室効果気体である水蒸気濃度の低い地域に限られるであろう。その場合でも、波長15μm付近の地球放射は既に二酸化炭素によってかなり多くの部分が吸収されており(例えばニンバス4号の地球放射の観測データ)、この帯域の地球放射が100%吸収されたとしても、それほど大きな気温上昇にはならないであろう。

-----(引用終り)--------------------------------------------------------------------

 基本的に、CO2増加が大気の温室効果に対する影響はほとんどない可能性が強い。

もう一箇所、同HP:「大気中二酸化炭素濃度と海面水温・気温の関係」より一部を引用します。
-----(引用開始)-------------------------------------------------------------------

§2 大気中二酸化炭素濃度と海面水温

2-1 ヘンリーの法則

 気体と水で構成された系では、ヘンリーの法則が成り立つ。つまり、「気体の液体(海水)に対する溶解度は気体圧力に比例する」ことになる。溶媒に溶け込む気体の質量ないし溶解度をm、溶媒に接する気体の圧力(混合気体の場合には着目する気体の分圧)をp、比例定数をCとすると、

m = Cp


 何らかの原因で大気中の二酸化炭素濃度(分圧)が上昇すれば海水への二酸化炭素の溶解度は大きくなり、大気中の二酸化炭素が海水に吸収され、逆に大気中の二酸化炭素濃度が低下すれば海水から大気中へ二酸化炭素が放出されて平衡状態が回復することになる。
 溶解度mは、一般に温度の関数となるので、C=F(t)とおくと

m = F(t)p


と表すことが出来る。F(t)は1気圧の下での水に対する二酸化炭素の溶解度を示す。

画像


-----(引用終り)--------------------------------------------------------------------

 何が言いたいかというと、大気の温度が上昇するとその分海水にCO2が解けにくくなる。 その分、大気中のCO2濃度は増える可能性があるということです。

 では、視点を変えて、温暖化問題が広まったあとの世界情勢を見てみると、この問題に積極的に関わってきたのはヨーロッパのイギリスフランスです。
 ではその後のこの国々の動きはどうなったか?

 1.イギリス
    排出権取引を提唱して取引所を早々と開設して排出権取引まっしぐら!

 [コメント]  これって、お金儲けじゃないのでしょうか?

 2.フランス
   国内の電力は、約70%がすでに原子力発電で賄われており、国を上げて原子力ビジネスにまっしぐら!

 [コメント]  これも、お金儲けじゃないのでしょうか?

なんかへんじゃないですか?

 本当にCO2増加が地球環境に致命的な影響を与えるのなら、もっと他にやることがあるのではないでしょうか?

 本当に地球環境にとってというより人間の生息環境にとって深刻なのは、地球の砂漠化公害による環境破壊のような気がします。

 少し視点を変えて、僕自身は「陰謀史観」と言うか地球にはある支配階層がいてその人たちが歴史を作ってきたと考えています。 そしてその人たちは、本との事をすでに知っている。 対応策もすでにできているのだと推定しています。
 僕が見るところ解決策は二つあります。


解決策.1] 人間がいなくなれば良い(支配層が考えていること)

 僕自身、こういうことを書くのは嫌なのですが、冷静に考えてみれば、人間がいなくなれば環境破壊だの公害だのの問題はなくなります。 だから、支配層は世界多極化して地域覇権国同士を争わせて戦争させるなりして大量虐殺を演出する。 核兵器だろうが水爆使っても良いかもしれませんね。 過去には「ノアの箱舟」 なんて方法もありますしね!

 僕は、これは嫌です! では次の手

解決策.2] 世界が日本化すれば良い

 次のグラフを見てください。

画像


 このグラフは、key World Energy Statistics2006よりのデータを元にグラフ化したものです。 (少し見づらいので拡大してみてみて下さい。) このグラフから明らかの如く、日本は世界一エネルギー効率の良い国です。 世界の国々が日本と同じエネルギ効率になったらどうなるでしょうか、 間単に試算してみてもアメリカが日本の約2倍の経済規模ですから日本と同じになれば日本2国分のエネルギー消費が必要なくなります。 EUもほぼアメリカに匹敵する規模ですから、日本1.4国分がいらなくなります。 経済規模の拡大の激しい支那やロシアが日本の同じになれば、世界のエネルギー消費は4分の1以下に収まりませんか? その先に向かっ脱化石燃料化していけばオルタナディブで持続可能な世界が見えてきます。

 [まとめ]

 温暖化に関して、自分の思いのままに好きなことを書いてきましたが、マスコミの情報を鵜呑みにせずに、冷静に情勢を判断していくことが大切だと思います。 情報を操作する方は自分の都合の良い情報を集めてそれを基にしてプロパガンダで大衆を都合の良い方向に導こうとするでしょう。 そういう僕自身も自分の都合の良いデータを集めて反証していますが、各自が、情報に流されずに的確に判断していくことが求められている気がします。

今日は、ここまでとさせて頂きます。


★人気ブログランキング★に参加しています。
画像 ← 参考になりましたらクリックをお願いいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス
かわいい かわいい

トラックバック(16件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
いびきの原因
一般的に「いびき」というと、うるさい、夜寝付けない、などといった騒音的なイメージが強いと思いますが、いびきには、ただ「うるさい」というだけでは済まされないような深刻な問題を抱えていることもあります。最近の調査では、いびきは高血圧や虚血性心疾患、脳血管障害などの危険因子であることがわかっています。こうした危険因子が考えられる場合は、いびき対策を考えるよりもまず先に専門医に相談することをお薦めします。 ...続きを見る
いびきの原因
2008/04/02 12:40
犬の問題行動の原因
犬が飼い主や他人に対して、無駄吠えや噛み付く、威嚇する、脱走する、放浪するといった問題行動を取ることがあります。問題行動を起こしたときには、しつけの前にまず犬に対する行動をよく考えてみてください。飼い主はしつけとして叱っているつもりでも、犬にとっては褒められていると勘違いしている場合があります。 ...続きを見る
犬の問題行動の原因
2008/04/15 07:57
地球温暖化問題の裏を読む!
 僕自身は地球温暖化の問題は、恣意的な情報操作がりかなりあり懐疑的というか捏造ではないかと思いっている。 その思いがあって、以前「地球温暖化問題に対する疑問 !? 」の記事をネットで調べた情報を基に書かせて頂いた。 マイナーなこのblogにしてはかなりのアクセスを頂いた記事となったが、先日、田中 宇さんの国際ニュースでもこの問題に関する記事が載ったので一部抜粋して転載しておきます。 ...続きを見る
本当のことが知りたい! そして日本の未来...
2008/04/29 21:25
地球温暖化問題
 やけに大きな問題をタイトルにしてしまいました。しかし、今の動きを見ているとどうも合点のいかないことがあるので、少し書いてみたい。 ...続きを見る
飯大蔵の言いたい事
2008/05/02 18:07
IPCCの報告は確かだろうか。
 ノーベル平和賞を貰ったもう一つがIPCCという機関だ。日本語では「気候変動に関する政府間パネル(ipcc)」と言い、国連の機関だ。IPCC(Intergovernmental Panel on Climate Change)とは、国際的な専門家でつくる気候変動に関する政府間パネル(政府間機構)のことで、地球温暖化についての科学的な研究の収集、整理のための、国連環境計画(United Nations Environment Programme:UNEP)と国連の専門機関である世界気象機関(... ...続きを見る
飯大蔵の言いたい事
2008/05/02 18:08
アル・ゴア氏のノーベル賞受賞。「冷戦」に次ぐ世界支配の次の手が本格的に始動してるようですね。
 アル・ゴア氏がノーベル平和賞受賞だそうですね。 ...続きを見る
ふしぶじゑ日記
2008/05/02 21:15
加齢臭に関する疑問
自分が加齢臭を出しているのではないかと感じた時、色々考えすぎて落ち込んだりしている人はいると思います。しかし誰かに聞きたくても恥ずかしくて聞けないとか思ったりすることはありませんか? ここでは、加齢臭に関する疑問について触れていきたいと思います。 ...続きを見る
悩み解決情報
2008/05/18 12:14
を口実にしたグローバル企業の寡占化を世銀が推進…というシナリオ
今日は、私が参加している『新しい「農」のかたち』というブログの“『緑の革命』ってどうなん?”というエントリーに続いて書こうと思う。 ...続きを見る
にほん民族解放戦線^o^
2008/05/29 21:06
地球温暖化
参照記事数91。対策に重点を置いたものの他に、温暖化の「原因」やそれが提起する問題について、さまざまな角度からの意見が見られた。キーワード:温暖化、CO2、二酸化炭素、森林破壊、砂漠化、公害、人口問題、貧困、飢餓、氷河、海面上昇、エネルギー問題、リサイクル、等... ...続きを見る
論正の界グロブ
2008/05/30 14:07
アメリカにとっては、世界的な食糧高騰も飢餓も新たなビジネスチャンスでしかない
            ※画像は日経新聞6/4朝刊より ...続きを見る
にほん民族解放戦線^o^
2008/06/06 00:15
排出権取引、その実情は?
1997年の京都議定書において、日本は1990年比6%を削減目標としているが、... ...続きを見る
日本を守るのに右も左もない
2008/06/14 17:08
徒然に一言。「ふしぶじ新語辞典」よりw。
温暖化防止ファシズム【名詞】:「地球温暖化防止」の名の下に、増税・新手の金融・原子力発電等を有無を言わさず巧妙にごり押しすること。 [語源] 国際金融資本やグローバル企業によるプロパカンダの利益誘導命令形。 ...続きを見る
ふしぶじゑ日記
2008/06/16 04:30
「二酸化炭素による地球温暖化詐欺」を告発するビデオ
http://310inkyo.jugem.jp/?eid=744(4つの目で世の中を考える)というブログに、「地球温暖化の原因がCO2である」という通説が科学的根拠の薄弱なウソにまみれたものだhttp://www40.atwiki.jp/inkyo/pages/57.htmlという事を告発するドキュメンタリー(字幕付き)を紹介しています。 ...続きを見る
tanvool
2008/06/24 22:09
<NASA>衛星タイタンに液体 地球以外で初確認
【ワシントン草野和彦】米航空宇宙局(NASA)は30日、無人探査機「カッシーニ」による観測の結果... ...続きを見る
ニュースサイト
2008/07/31 16:24
ゴアの方舟は泥船か?
地球環境問題に目を向けさせたゴア氏の功績は認めるが、今の地球温暖化議論は恣意的すぎ理論的ではない。それ以外にすぐにでも解決すべき問題は山積しているのにほとんど解決の糸口が見えていない今、このままゴアの方舟が進む進路のまま進んでよいものか疑問が残る。 ...続きを見る
札幌生活
2008/08/20 15:34
**** 【環境問題】 関連記事 ****
 環境問題 関連の過去記事一覧です。 ...続きを見る
本当のことが知りたい! そして日本の未来...
2009/09/27 20:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。以前一度TBさせてもらった遊撃手と申します。

地球温暖化の件は、おっしゃるとおり『金もうけ』ですよね。日本全体が国際金融資本(ロックフェラー)に洗脳されている。と云えると思います。

排出権取引などはその最たるもので、いわば「金のなる空気」を奴らは捏造し、まんまと目に見えない新しい市場を確立しました。
日本はー6%、先進国でー5.2%という目標値が京都議定書で定められましたが、その量のCO2が減ったところで、地球がどうにかなるのでしょうか???
奴らは、金が儲かればいいだけ、と断言できます。

※「本当のこと」をみんなで探っていきましょう。

私が常駐している「るいネット」http://www.rui.jpでは、今まさに「温暖化」はホットな話題の一つです。是非、覗いてみてください!
例えば・・・『CO2温暖化説B:大気中に溜まった人為的CO2はわずかであった』http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=156548
などなど、是非読んでみてください!返信やTBも大歓迎です!!
遊撃手
2008/02/28 21:47
 コメントありがとうございます。 ご紹介いただいたHPは見させていただきました。 僕自身、本当のこと世の中の真実を探しながら情報発信していきたいと考えています。 今後ともよろしくお願いします。

from 本が好き
遊撃手さんへ
2008/03/01 23:46
 地球の現状を整理してみました。(^o^/
 砂漠化。地表の1/4もが砂漠で、急増しており、水や牧草の取り合いから、紛争と虐殺が広がっている。
 人口爆発。ブラジルで7人、アフリカ、中東で5人の平均出産があり、2030年までに大虐殺が予測されている。
 森林の消失。毎年5万平米もの森林が消えている。
 地下水の枯渇。2030年までに井戸水が減産に転じ、不可逆な農業危機が起き、食料危機が起きる。
 種の絶滅。自然の千倍の速度で種の絶滅が起きており、2050年までに百万種に及ぶ絶滅が予測されている。
 石油の枯渇。2035年までに石油が減産に転じる。
 大戦争の可能性。現在地球上には、何千もの軍事衛星と、何万もの核兵器がある。
 文明の負荷。何万ものジェット機が、地球を一日で結び、何億もの車が溢れ、何億ものビルや家が建っている。
 排ガス。酸性雨、温室効果ガスによる環境異変、フロンによる巨大なオゾンホール。
 地球の適正人口。生態学者によると、持続可能な地球人口は20億人未満と予測されている。
 現状は厳しく、多くの環境プランが求められます。(^^;;;
地球環境
2008/03/22 20:06
地球環境さん
 コメントありがとうございます。
悲観的な情報が錯綜していますが、特に

>地球の適正人口。生態学者によると、持続可能な地球人口は20億人未満
>と予測されている。

は本当とは思えません。 そう望んでいる方々のプロパガンダのような気がしますが? なぜなら現在の人口を養うのに必要な食料は十分生産できているからです。 ではなぜ飢饉が起きているか? それはお金の問題です。 お金が無い貧しい国が食料を十分買うことが出来ないからです。

 確かに砂漠化や水不足は深刻な問題ではありますが、解決不可能な問題ではありません。
 人口の爆発も、先進国では人口減少が深刻な問題となっており社会の進歩によって人口の増加も減る傾向があります。
本が好き
2008/03/25 00:36
 1950年以前、動力ポンプで地下水をくみ上げず、灌漑農業もあまりせず、土壌への塩分の堆積も少なかったかった頃から比べて、水の使用は3倍になり、穀物生産量も3倍になり、人口も3倍を超えました。森林伐採による耕地開発も限界です。森林は毎年16万キロ平米減少しています。
地下水位も下がっています。漁獲量も最大量を過ぎ、減少に転じています。
 持続可能な食糧生産は、動力ポンプで地下水を汲み上げる以前の20億人未満と結論されます。
地球環境
2008/04/09 12:55
地球環境さん
 コメントありがとうございます。

よほど”””人類20億人化”””がお好きのようですね!

 でも真実は違います。
 灌漑農業の弊害等もお金がらみ生産性・利益優先で地球環境の実態を無視した農業を進めたからです。

食料問題に関しては、Food Firstの世界飢餓にまつわる12の神話
http://journeytoforever.org/jp/foodfirst/report/hunger/12myths.htmlをお読みになればよく理解できるのではと思います。
本が好き
2008/04/13 10:30
 もっと新しい地球全体の値をとってください。レスター・ブラウンなどを参照して。気候変動に弱い農地や資源の枯渇に弱い社会を気にして。経済も大切です。あまり現実を批判するのは他の要因を過小評価しているからです。現在既に漁獲量は減少に転じています。
 話は二酸化炭素に戻しますが、濃度0.5%で通常の作業ができなくなり破滅することは知られています。CO2がエネルギー消費の指標としてごまかしのきかないものである点が大事です。また中国やインドが性能の劣る国産車の量産に入っている現実が大事です。
 砂漠地では、平均5人もの出産があり、牧草の取り合いがあり、既に千m掘削しても地下水がでない地域があります。吸水するので危険ですが、砂漠の雨季の前に保水樹脂と牧草の種を混ぜて航空散布しておくことが考えられます。
 公害ですが、環境ホルモンは膨大な種類があり、今も種類が急増しているのには驚愕します。
地球環境
2008/04/14 22:45
 現在毎年、CO2が地球の吸収量の2倍あることも知られています。CO2を過小評価するのは危険です。CO2排出権取引もEUが一歩進んでいるそうですし。
地球環境
2008/04/14 22:51
TB有難うございます。
書かれていることは私の認識に一致します。関連した私のページをTBしました。
飯大蔵
2008/05/02 18:10
かなり追求されいますね。すごく分かりやすいです。
地球温暖化は壮大なウソであることが濃厚です。

私もブログ運営してるので、トラックバックさせていただきました。
今後ともよろしくお願いします。
andy
2008/06/14 17:11
地球温暖化の真の原因は太陽活動の活発化によるのが正しいでしょう。
大気の温度とco2の濃度の過去の関係は海温の上昇の後、大気のco2の濃度
の上昇があることが過去のデータで確認されています。今年(2009年)の
寒冷化現象は2009年の太陽活動の不活性化(黒点がない)事と関連がある
と思われています。気象学では太陽活動の影響などのパラメータは未だ組み込まれていなくて、よくいう地球シュミレータの結果はこの点は考慮されてはいません。この点に気象学者は気づき、ソフトの改修を行う事が予定されていますが、未だ結果がだせる段階でないため公にはされていません。
しかし今のまま太陽の活動が不活性のままだとすれば、地球は冷えていくことになり、1600年頃の気象状態に戻ることがありえると考えられ、その場合
地球人口が67億人の現在食料問題が加速される事になります。従って一刻も速くこの件について学術的に議論され、正しい方向に持っていかれることが必要です。
k.s
2009/09/15 17:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
地球温暖化問題に対する疑問 !? 本当のことが知りたい! そして日本の未来を語りたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる