本当のことが知りたい! そして日本の未来を語りたい

アクセスカウンタ

zoom RSS 【原子力災害】 事態は公式発表よりはるかに深刻!

<<   作成日時 : 2011/03/29 00:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 福島原発事故は収束の目処が立たない状態で、政府関係の公式発表より遥かに深刻だと思う。

 今日ネットを見ていて下記の記事を見つけた。

=================================================================================
10キロ圏内、遺体収容できず=福島第1原発、放射線量高く―警察庁

時事通信 3月28日(月)19時6分配信

 警察庁は28日、東京電力福島第1原発の半径10キロ圏内の福島県大熊町で見つかった男性の遺体収容を断念したと明らかにした。遺体に蓄積した放射線量が高く、搬送できないと判断した。圏内には他にも収容されていない遺体が残されている可能性があり、同庁は「対応策を検討したい」としている。
 同庁によると、遺体は27日午前、通報を受けた福島県警の機動隊員らが、同原発から5〜6キロ離れた屋外にある作業所敷地で発見した。
 遺体表面から全身除染が必要とされる「10万CPM(1分間当たりの放射線検出回数)以上」の放射線量を計測。搬送者が放射線を浴びる恐れがあるほか、搬送先にも広がる可能性があることなどから、収容を断念した。遺体は、収納袋に入れて近くの建物の中に一時的に安置したという。

=================================================================================

 [コメント]

  政府が放射性物質の流出と拡散を認めだしたのは事故が発生してから1週間以上立ってからだと記憶しているが、実際には水蒸気爆発が発生した時点でかなりの放射性物質が流出していたと考えないと辻褄が合わない。

 ここで放射線の影響と放射性物質の影響は分けて考えなければいけない!

 福島原発から放射線が放出しているだけなら距離の二乗で減衰するが、放射性物質は海に流れ出したり、大気に放出されれば気流の流れに乗って遠くまで届いてしまう。 下記の記事をロイターで見つけたが、既にアメリカ東海岸でも検出されている。


=================================================================================
米東海岸でも雨中から微量の放射性物質、福島原発から飛来か

2011年 03月 28日 09:27 JST

 米東部マサチューセッツ州の保健当局は27日、福島第1原子力発電所の事故によって放出されたとみられる微量の放射性物質が、同州内で先週降った雨から検出されたと明らかにした。
 保健当局によると、州内の観測所で検出されたのはヨウ素131。これまでに西海岸のカリフォルニア州やワシントン州、東部のペンシルベニア州で見つかったものと同程度の低いレベルで、飲料水に影響を与えることはないという。

 また、同じ地点における大気中の放射性物質に異常は見られなかった。

 米国では、環境保護局(EPA)などのシステムにより、全国100カ所以上で放射性物質の計測が行われている。


=================================================================================

 [コメント]

  この様に気流に乗れば、遥か遠くまで流されていく。

 本当に危険なのはこれを体内に取り込んでしまう体内被曝、体内に入った放射能物質が細胞のDNAをキズつけて後に色々な病気を引き起こす。

 ヨウ素による甲状腺ガンはその一例、特に子供があぶない! 症状が出てくるのは被曝してから早くて5年から10年たってから、

確かに「ただちに被害は出ない!

 友人に「関東地方ではこれから北東の風が吹くと聞いた。

 風下があぶない!

 首都圏があぶない!既に体内被曝は始まっていると思うが本当に被害が出るのは、残念ながら、これから長期に渡る可能性が高い。



★人気ブログランキング★に参加しています。
画像 ← 参考になりましたらクリックをお願いいたします。
 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
【原子力災害】 事態は公式発表よりはるかに深刻! 本当のことが知りたい! そして日本の未来を語りたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる