本当のことが知りたい! そして日本の未来を語りたい

アクセスカウンタ

zoom RSS トヨタ バッシング! 1

<<   作成日時 : 2010/03/01 21:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 最近のトヨタのリコ−ル問題は、いささか異常な感じがしている。

 では、今まで自動車の本家のビック3はそんなに品質の良い車を作っていたのか?

 リコ−ル問題はなかったのか?

 と問えばそんなことはないだろうと思う。

 実際、ビック3と言われた。 GM、クライスラ−が倒産状態に陥り、GMは政府の管理下となり、フォ−ドもまだまだ回復途上で展望が開けない状態である。

 かの国の、勝負に負けたら手段を選ばすに報復に出て来るお決まりのコ-スではないのだろうか?

 そう思っていたら、僕がたまに見に行whatdoesitmeanに下記の記事が載ったので翻訳して転載しておきます。

 あくまでご参考で、読者各自の判断にお任せします。

=================================================================================
US Warns Japan They Will Destroy Toyota First, Honda Next
 By: Sorcha Faal, and as reported to her Western Subscribers

 アメリカは日本に警告する。 ”まず、トヨタを潰し、次はホンダだ!

 ソ−チャ・ファ−ル と 彼女の協力者筋より、

 Russian Foreign Ministry sources are reporting in the Kremlin today that President Obama has issued a “blunt warning” to Prime Minister Yukio Hatoyama that unless Japan “immediately” reverses course away from China their giant automaker Toyota will be “completely destroyed” to be followed “very quickly” by Honda’s destruction too.

 今日、クレムリンのロシヤ外交筋によると、オバマ大統領は、日本を支那側に急激に接近する方向に転換させた鳩山由紀夫首相に容赦のない警告を送った”お前たちの巨大自動車メ−カ−であるトヨタを完全に潰し!続いてホンダを潰してやる!”

 These reports note that the growing tensions between the United States and Japan have accelerated since the historic election this past summer that brought Hatoyama to power and his vow to the Japanese people to “rein in” Americans influence over his country and its economy and which has led to Japan balking at paying the nearly $2 Billion bill presented to them by Obama that is three times more than Germany (World War II’s other loser) has to pay for the “privilege” of hosting American troops.

 これらの報告は、昨年夏の鳩山に権力を与えた歴史的選挙と彼の日本国民をアメリカの影響力や経済下、アメリカ軍の駐留に掛かる経費を支払う特権、オバマが提示した約3億ドルの支払い請求、これはドイツ(もう一つの第二次大戦の敗戦国の3倍近い額)から自由にするという誓いによって米国と日本との緊張関係が加速していることを示している。

 As the World’s second largest economy Japan is faced with a staggering debt-to-GDP ratio of over 220% (compared to the Americans 97.5% rate) that prompted the United States Standard & Poor’s credit reporting giant’s threat this past week to downgrade the Japanese government’s credit rating because Hatoyama is moving too slowly, they say, to reduce the debt. 
 
 鳩山が負債をゆっくりと減少させると発言したことに対して、先週、スタンダ−ドプア−ズが格付けレポ−トで日本の国債を格下げすることによって世界第二経済大国である日本が、GDP比220%(米国は97.5%)に達する巨大な負債に直面していることをあらためて印象づけた。

 Equally enraging Obama, these reports continue, is Hatoyama’s efforts to expose to his citizens the many “secret” agreements made with past Japanese governments and the US, and as we can read as reported by the New York Times News Service:

 同時にオバマを激怒させているのは、報告によれば、鳩山が過去の日本政府と米国間の密約を国民に明らかにしようと努力していることである。 これらの情報はニュ−ヨ−クタイムスニュ−スサ−ビスからの報告として読むことが出来る。

 “They were Tokyo’s worst-kept diplomatic secrets: clandestine cold war era agreements with Washington that obligated Japan to shoulder the costs of United States bases and allow nuclear-armed American ships to sail into Japanese ports.

 日本の最悪の政治的機密は冷戦期間中の合意である”米軍の駐留経費を日本が肩代わりして米国の核武装した艦船の日本の港への入港を認めたこと”である。

 For decades, Japanese leaders have gone to great lengths to deny the pacts’ existence, despite mounting proof to the contrary from the testimony of former diplomats and declassified documents in the United States. The most sensational instance came in 1972, when a reporter who unearthed evidence of one of the treaties was arrested on charges of obtaining state secrets, reportedly by means of an adulterous affair.

 何10年もの間、日本の指導者は、旧外交筋や米国の公開文書等の多くの状況証拠があるにもかかわらずこれらの密約の存在を否定することに注力してきました。

 Now, the so-called secret treaties are causing problems again, this time in how Japan is handling its suddenly rocky relationship with the United States.

 今、いわゆる密約は、日本が米国との緊張関係をどう取り扱うのかという、直面している問題の原因となっています。

 The new administration in Tokyo, whose election last summer ended a half-century of nearly unbroken control by the Liberal Democrats, wants to expose the treaties as a showcase of its determination to sweep aside the nation’s secretive, bureaucrat-dominated postwar order. Last fall, the foreign minister appointed a team of scholars to scour Japanese diplomatic archives for evidence of the treaties. Its findings are due this month.


 昨夏に半世紀にわたる自民党による支配にを終わらせた選挙で選ばれた東京の新政権は 国の秘密主義の、そして、官僚によって支配された戦後体制である国の秘密主義を打破する象徴として密約の存在を国民に示したがっています。 去年の秋に、外務大臣は、密約の証拠を見つかるために日本の外交記録を調査させるための学者のチームを任命しました。 調査結果は今月、予定されています。
 

 The problem is that the inquiry is coming at a delicate moment in Japan’s ties with its longtime patron, the United States. The administrations of Prime Minister Yukio Hatoyama of Japan and President Obama are already divided over the relocation of an American air base in Okinawa. By exposing some of the less savory aspects of Japan’s military reliance on the United States, the investigation has drawn criticism, particularly from conservatives in both nations, as an effort by the left-leaning Hatoyama government to pull away from Washington.”

 問題は、日本を縛っていた長年のパトロンである米国にとって微妙な時期にこの要求が出てきたことです。 日本の鳩山幸雄首相とオバマ大統領の政権は沖縄でのアメリカの空軍基地の再配置に関して既に決裂しています。  合衆国の日本との軍事同盟の不健全な面のいくつかを露出することによって、調査は、特左翼系の鳩山政府によるワシントンから離れるための努力だとして、に両国の保守的な人から非難を招きました。

 But to Obama’s sharpest blow against Hatoyama, these reports say, was his targeting of their most famous corporation Toyota by requiring them to recall vehicles that have nothing wrong with them and has left the Japanese in shock over the destruction of one of the World’s most recognized brands.

 これらのレポートは、しかし、オバマの鳩山に対する鋭いブロ−は、日本の最も有名な会社であるトヨタを標的にして、何も悪くない車両にリコ−ルの要求を突きつけ世界で最も認識されているブランドの一つを破壊するショックに日本人を陥れることです。

 Being kept from the Japanese by their leaders, including Hatoyama, fearful of further enraging the US are the truer facts of this fast expanding trade war, and as we can read as reported by the Executive Intelligence Review News Service:

 エグゼクティブインテリジェンスリビュ−ニュ−スサ−ビスからの報告として読むことが出来るように、鳩山を含む日本の指導者によって日本から引き起こされた米国の怒りの恐ろしいところは彼らがすばやく貿易戦争を拡大する体制に入ったことです。 

“Japanese and U.S. sources have indicated to EIR that the Toyota recall of millions of cars (mostly in the U.S.A.), and the massive media campaign to demonize Toyota, may be at least in part the result of a conscious effort to undermine, or even destroy, Toyota's U.S. operations, for refusing to support efforts to bailout worthless debt instruments. Japanese sources said that it was widely believed by knowledgeable people in Japan that there is an effort to undermine Toyota, but that the Japanese press won't report it.

 日本人と米国の情報筋は、何百万台もの車(ほとんど米国の)のトヨタリコールは、トヨタを悪霊として描く大規模なメディアキャンペーン、少なくとも明らかに誹謗目的で結果的に一部を毀損させるか、または破壊する、トヨタの米国の経営は無制限な負債の増加に繋がる救済活動を拒絶する、等の結果であることを示してています。  日本人の情報筋は、日本の博識な人々は、トヨタをひそかに害するための努力が存在することが広く認識されていますが、しかし、日本の新聞はそれを報道しません。

=================================================================================

 これで、全体の約半分なのですが、一度に翻訳するの大変なので後日時間を見つけて残りはやりたいと思います。 僕の英語力では、訳がこなれていなくて不正確かも知れませんので、その点はお詫びしておきます。


★人気ブログランキング★に参加しています。
画像 ← 参考になりましたらクリックをお願いいたします。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた
かわいい
トヨタ バッシング! 1 本当のことが知りたい! そして日本の未来を語りたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる