本当のことが知りたい! そして日本の未来を語りたい

アクセスカウンタ

zoom RSS シオン長老の議定書 その11 第二十一議定 〜 第二十二議定

<<   作成日時 : 2008/02/07 01:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

昨日に引き続いてシオン長老の議定書です。

-------------------------------------------------------------------------------------------
[第二十一議定]より
内国債の発行と国家財政の破綻
 私は前回行った報告の追加として、本日は「内国債問題」について詳しく説明したいと思うので、外国債問題には言及しない。 外国債は非ユダヤ人の国民資金によってわれわれを養ってくれたのであったが、将来の新しい王国には外国人は存在しないのである。
 -----

 国家が内国債を売り出そうとすれば、通常は手形すなわち債権の応募者名簿を陳列して、一般の国民も入手できるように、額面価格は百から千まで定めておく。 -----

 こうして国債募集が済むと、国家は負債、しかもきわめて困難な負債を負ったという事実に直面する。 負債の利子を支弁するためには、多くの場合、国家はその逃げ道をふたたび国債に求めなければならなくなる。 -----

 かかる状況においては国家は、国家は国債を書き換えて利率の引き下げを行うのが至当である。 -----

 だが幸いなことに、非ユダヤ人国家の国民の多くは、金銭のことに暗いので、彼らはいつでも新規投資の冒険よりも、為替相場の損あるいは利子低減を選ぶ。 -----

有価証券j取引所の廃止
 私は以上の事実とともに、次のことも諸君の注意を促そうと思う。 すなわち内国債は、その支払の期限に多少長短の差はあっても、すべって一時借入金によって整理されるということである。
 -----

 世界支配が完成したならば、われわれは、利益にならない有価証券取引所を廃止するであろう。 それは、わが主権の威信が、自ら発行した国庫債券によってたえず動揺するのを許すことはできないからである。 また哀れ我は、債券の法廷強制相場すなわち額面価格を与え、価格の引き下げを絶対不可能にする。 有価証券の高騰は、価格引き下げの口実をあたえるが、こうしたやり方は、われわれが非ユダヤ人の証券に対して行ってきたことでもある。 -----

-------------------------------------------------------------------------------------------

[コメント]
 国債発行は借金が雪だるま式に増える地獄への道、それはユダヤ金融財閥が他国を支配するための道具でもあった。

-------------------------------------------------------------------------------------------
[第二十二議定]より
世界支配の基礎は固まった
 私が以上述べてきたことは、非ユダヤ人国家における過去および現在の出来事の秘密を諸君に開陳し、すべてが間近に迫っている大問題に向かって進行しているありさまを示すことが目的であった。 それと共に、非ユダヤ人に対するわれわれの関係、および財政上の諸政策がいかなる秘密の法則を蔵しているかをも詳細に渡って冊名することに努めた。
 -----
 ----- 現代の最大の力=金力は、ことごとくわれわれの掌中にある。 -----

 ここで、われわれの「 世界支配」が神の手で準備されたものであることを証明する必要があろうか。 またわれれが、このような長い年月のあいだ遂行せざるをえなかったこの悪事が、結局は真の福祉と一般の秩序をもたらしたということを、富の力で実際に証明することができないだろうか。 -----

 真の自由とは、個人の不可侵性に存するが、しかし個人が人間の共同生活のあらゆる規則を正直に誠実に尊守するという前提においてのみ成り立つ。 また、人間の真の威厳とは、自己の権利の限界を知ることにあるのであって、自我の、問題にかんして種々の妄想を消すことにあるのではないのである。 -----

-------------------------------------------------------------------------------------------

[コメント]
 金の力で世界の支配をもくろむ。 「自由」とはなにか一度深く問いかけてみる必要性を感じました。


★人気ブログランキング★に参加しています。
画像 ← 参考になりましたらクリックをお願いいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
シオン長老の議定書
 シオン長老の議定書に関しては数年前に存在を知って入手できる本で読んでみました。 一般的に偽書とされているが、僕自身は無視できないと考えている。  世の中がこの通りに動いている様に感じられることが多いからです。 ...続きを見る
本当のことが知りたい! そして日本の未来...
2009/10/02 12:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シオン長老の議定書 その11 第二十一議定 〜 第二十二議定  本当のことが知りたい! そして日本の未来を語りたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる